>> 取り扱い商品検索 >>  お問い合わせ
Menu

株式会社サンワ 本社: 〒135-0046
東京都江東区牡丹2-12-4
TEL 03-3642-1255(代)
FAX 03-3642-5766

横浜営業所:〒234-0056
横浜市港南区野庭町1576
TEL 045-844-6412(代)
FAX 045-844-7024



2012年07月23日
いよいよ夏

皆様こんにちは、最近ネタがよく見つかってか順調に投稿している訳ですが、関東は梅雨も明け、学校も夏休みに入り感覚的季節は夏本番になりました

猛暑に熱帯夜はいつもの夏の事ですが、去年より+節電が加わり団扇(扇子)に扇風機がよく見受けられるようになりました、風鈴も加わると風流ですねぇ

ちなみに私の扇子は『上杉謙信』公の『毘』と『龍』に辞世の句

 四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一杯の酒

が入った扇子を買っちゃいました(*^。^*)Фパタパタ


さて近頃ニュースに出てくるようになった熱中症(イヤイヤ怖いですよ)私が子供の頃あったかなぁ?

兎に角暑くなってきたので

熱中症にはご注意を・・・と、良く聞きます

水分をこまめに取りましょう・・・と、言われます

・・・が

運転で外に出るのが主な私(達)は
急に襲ってくる体内雷が怖いのです(ピーゴロゴロゴロ)←ワカルヨネ

水分を取れば取るほど遭遇の確立が多くなる訳でして
出来れば水分を取りたくない・・・汗も一杯かいてしまうし
では、我家に伝わる一子相伝の秘儀をお教え致しましょう

体温上昇のメカニズム

体内に熱が吸収されると血液が熱を持って体内を駆け巡り、体温上昇となります
体はその体温上昇を抑える為に汗をかきます

その汗を皮膚につける事で体温を下げようとするのです(汗になる水分が不足しない為に水分を補給しましょう・・・と言う訳です)

ん?では血液を冷やせばよいでわないか☆

そうそう(^・^)首、脇、足の付け根等太い血管のある所を冷たいタオル等で冷やせば良いのです、体温が下がれば汗も抑える事ができるでしょう(冷や汗は無理か)

但し、冷やしすぎると血行障害に陥る可能性があるので、十分にお気をつけ下さい、適度な水分補給は必要です。

皆さん元気に暑い夏を乗り切って楽しいSummerにしましょうねミンミン



⇒ ニュース・過去ログ

 

                       戻る